理系大学生がカメラや理系っぽいことについて話すブログ

理系大学生が趣味のカメラについていろいろ書いていきます。またパソコンや理系っぽいことについて書いていきます。

単焦点レンズってやっぱり便利

単焦点レンズいいですよね

 写真を初めてしばらくすると誰もが欲しくなるもの、それが単焦点レンズですよね。キットのズームレンズより明るくて画質も良いレンズです。欠点はズームができないことですが… でも意外とズームって必要無いんですよね。

 というわけで単焦点を1つ(所謂パンケーキレンズのEF-S24mm F2.8)しか持ってないけど語ります笑

 

画質がよい!!

 まずコレですよね。付属のズームレンズでも何もせずにただ鑑賞するならそんなに不自由を感じませんでしたが、RAW現像したりトリミングしたりすると細部が潰れてることが多かったです。シャープさがあんまりないんですよね。

 それに比べて単焦点だとやばいです。キレッキレです。綺麗です。撮影した画像をトリミングしても特に問題なく見れます。これは強いですよね。

 

ズームしなくてよい!!

  上で欠点とか言いながら何なの? って思うかもしれません。しかし使っているうちにコレがメリットにもなりうることが分かりました。

 ある被写体を撮影する時、まず構図を決めますよね。構図を決めるには撮影する方向や被写体までの距離を決めると思うのですが、ズームレンズだと、それに加えて焦点距離も考える必要が出てきます。つまり撮影方向、被写体までの距離、焦点距離の3つを考えなくてはなりません。実際はこれらに加えてF値シャッタースピードISO感度JPEG撮って出しならホワイトバランスやピクチャースタイルも)も関係してきますが、構図のお話なので無視します。

 しかし単焦点なら焦点距離固定なので、2つだけ考えれば済みます。この差は大きいです。被写体を大きく(小さく)写したいなら自分が前(後ろ)に行けばいいだけです。また常に焦点距離が同じなので、画角を覚えてきます。なのでコレ撮りたい!って思ったら被写体との距離を感覚でとることができます。

 この感覚を身につけられるのって予想以上に便利でした。

 

明るい!!

 これはいろんなサイトで語られていますし。今更言うことでもないかもしれないですね。明るいならボケるし暗所に強いしいいことずくめです。でも自分が持っている単焦点ってF2.8でそこまで明るくない…

 

軽い!!

 これは単焦点というかパンケーキレンズについてかもしれないですが、軽いです。一眼レフカメラってたとえAPS-C機でも思いですよね。ましてレンズとか1kg前後のものが普通にあります。あんなのを首から下げてると首が痛くなります。

 でも軽いレンズならそんな心配ありません。参考までに、自分が使っているEOS kiss X7 にEF-S24mmをつけた場合を考えると、407g(本体) + 125g(レンズ) = 533g となりとても軽いです。多分ミラーレスとそこまで重さに差がないです。

 

まとめ

 単焦点っていいよね

 やっぱり明るい単焦点が欲しくて、SIGMAの30mmF1.4が欲しいです。